B型肝炎給付金請求

弁護士法人ALG&Associates
24時間受付 電話でのご相談窓口はこちら 0120-119-125 メールでのご相談はこちらから
B型肝炎給付金請求

B型肝炎給付金は、高度な医療知識が必要とされます。
給付金請求でお悩みの方は、医療事件の経験が豊富な弁護士にぜひご相談ください。

医療事故相談件数累計5,723件の実績、医学博士率いる医療特化チーム、B型肝炎の成功報酬実質8%と3つのポイントでB型肝炎給付金請求をサポートいたします。
B型肝炎給付金請求は弁護士法人ALG&Associatesにお任せ下さい。医療事故相談件数累計6,350件の実績、医学博士率いる医療特化チーム、B型肝炎の成功報酬実質8%と3つのポイントでB型肝炎給付金請求をサポートいたします。

B型肝炎給付金請求とは

B型肝炎の給付金とは、昭和23年から昭和63年までの間に実施された集団予防接種またはツベルクリン反応検査が原因でB型肝炎ウイルスに感染した方に支払われる国からの給付金のことです。
給付金を受けるためには、証拠資料を集めたうえで、国に対して国家賠償請求訴訟を提起する必要があります。

お願いしようと思っている弁護士さん、本当に医療に詳しいですか?

B型肝炎給付を受けるためには、裁判所の和解手続きによって給付の要件を満たしていると認められることが必要です。
そして、要件を満たすかどうかは、医学的知見に基づく証拠により、裁判所が個別に判断しています。
したがって、依頼する弁護士が医療に詳しい弁護士かどうかは手続きの結果を左右する重要な点だといえます。

弁護士法人ALG&Associatesは、医療事故相談実績が累計5723件と豊富な実績を誇る法律事務所です。 医学博士の資格有する弁護士を中心とした
医療特化チームが、
豊富な経験を活かして
B型肝炎請求のサポートをいたします。

弁護士法人ALG&Associatesでは、医学博士の資格を有する弁護士を中心とした、医療事故・医療ミスに関する事件のみを取扱う「医療特化チーム」を設置しています。
日々医療事故を専門に扱っているため、診療録、検査結果等の医療記録の取得やその精査、医学的知見に基づいた証拠収集、立証活動に関して豊富な経験とノウハウがあります。
また、弁護士法人ALG&Associatesでは、肝臓、消化器を専門とする医師を含む協力医のネットワークを構築しています。

この豊富な知識、経験、ノウハウを生かして、B型肝炎給付金請求をサポートいたします。

B型肝炎給付金請求ができる条件

B型肝炎の給付金が請求できるのは、一次感染者(集団予防接種等により持続感染したご本人)、二次感染者(集団予防接種等により持続感染した方から母子感染した方)、一次感染者及び二次感染者の相続人の方になります。

一次感染者
  • 1941年7月2日~1989年1月27日生まれ
  • 満7歳になるまでに集団予防接種を受けた
  • B型肝炎ウィルスに感染している
二次感染者
  • 母親が上の3つの条件に該当している※2
  • 自分もB型肝炎ウィルスに感染している

父子感染、母子感染からさらに母子感染した場合でも該当する可能性があります。
まずはご相談ください。

相続人
  • 上の条件に該当していた方の相続人

以下の方は対象外になります

性的接触、刺青、輸血・血液製剤、血液透析等による感染

B型肝炎は非常に強い感染力を持っているため、上記の理由で感染する可能性が高い病気です。
支給対象になるB型肝炎患者の感染原因は集団予防接種等によるものに限られるため、上記の理由で感染された方は支給対象外です。

病態別の給付金額

B型肝炎給付金は、病態によって支給される給付金の額が異なります。また、発症していなくても、肝臓にB型肝炎ウイルスが住み着いている状態(無症候性キャリア)でも給付の対象になります。

病態別の給付金額
病態別の給付金額

給付金支給までの流れ

  1. ご相談

    B型肝炎ウイルスに持続感染している患者ご本人、ご遺族の方、ご家族の方からのご相談を承ります。症状や感染経路等必要な事項をお伺いし、必要な資料を確認します。

  2. 必要書類を
    そろえる

    ご相談をいただいた後、必要資料を準備します。
    医療特化チームの経験を生かして、資料収集のサポートを致します。

  3. 提訴する

    必要な書類がそろいましたら、国に対して賠償請求訴訟を提起します。

  4. 給付金を
    請求する

    裁判所での和解成立後、社会保険診療報酬支払機構に請求を行い、給付金が支給されます。

  5. 給付金の受給

弁護士費用について

成功報酬は、給付金が支給されてからのお支払いとなります。
弁護士に依頼した場合には、給付金額の4%が訴訟手当金として国から別途支給されるため、負担額はさらに軽くなります。

  • ご相談、着手金等初期費用
  • 0
  • ご相談、着手金は一切かかりません。
    カルテ開示費用、裁判所へ納める印紙代、郵券代は実費をご負担いただいております。
    ご了承ください。

  • 成功報酬(弁護士費用)
  • 給付金額の

    12

    (※3 実質8%)

  • ※3 実質負担は、国から支給される4%を控除した8%になります。
    また、最低報酬金額は12万円(実質負担10万円)となります。

B型肝炎給付金に関するお悩み、お気軽にご相談ください。

B型肝炎給付金請求に関するお悩みをお聞かせください。

来所不要、24時間対応可能、相談無料

電話でのご相談窓口はこちら 0120-119-125

TOPへ戻る