消費者取引関連法務


Consumer Transaction Related

消費者取引関連法務

事前に法的リスクを検討、対策しておく


BtoCビジネスは、多くの消費者を取引対象とし、取引の数も多くなるうえ、その勧誘方法や広告手法も多様となる傾向にあるため、様々な紛争や法的問題が生じ、また、法的リスクが現実化し易いといえます。一方で、消費者契約法、特定商取引法、景品表示法等の消費者取引関連法令や消費者の個人情報の管理を定める個人情報保護法は、違反した場合に、民事上の責任のみならず、行政処分や刑事罰が下される場合があり、法的リスクが現実化した際のレピュテーションリスクも含めた損害は甚大なものになる可能性もあります。

続きを読む

したがって、BtoCビジネスは、自らが実行していくビジネススキームについて、事前に法的リスクを検討、対策しておくことが重要であり、特に予防法務の必要性が大きい分野といえます。

また、消費者取引関連法令は、契約書に記載した内容に法的な効力が認められない場合があるなど、一般的な取引感覚を法律が規制している部分も多く、一般的な感覚とのズレが生じることもあります。紛争が生じた場合に自らの感覚に頼って処理しようとすることは危険です。加えて、消費者取引関連法令は、あらゆる場面の消費者保護に対応すべく、曖昧な文言で幅広く規制が可能となるように定められた規定も多く、紛争を解決するには裁判例等の詳細な知識や多くの実務経験を有することが重要になります。

弁護士法人ALGは、消費者契約法・特定商取引法に関連した法務リスクの抽出及び対応、景品表示法等の広告規制への対応、行政への対策等の消費者取引に関する予防法務を提供します。予防法務においては、特に「質」を重視し、クライアントのビジネススキームを前提としたうえで、多様な場面を想定したリスクを抽出し、利益追求の視点も踏まえた対策を提案します。また、法令による規制が現実化する場面である、行政からの指導に対する是正の方策や、立ち入り検査への対応、処分に対する不服の申し立てなど、行政庁に対する対抗策も提案します。
消費者から直接クレームを受けるといった個別具体的な紛争に対しても、法令の正確な適用を旨として解決においては、多くの実務経験に裏付けられた豊富な知識を用いて、最善の処理方法を選択・実行していきます。

BtoCビジネスにおける主な予防法務 特定商取引法に関連する予防法務の策定 消費者契約法に関連する予防法務の策定 行政庁の立ち入り検査に対する対応 景品表示法等広告規制関連法務

取扱い分野

ALG LEGAL NEWS

所属弁護士によるブログ

MORE
Now Loading...
  • 0120-572-238
  • 0120-336-709
  • 0120-117-631
  • 0120-979-039
  • 0120-773-405
  • 0120-522-017

各種メディア関連の出演・執筆のご依頼はこちらから 03-4577-0705

Mail
CLOSE
Menu