労働関連法務


Labor & Employment Related

労働関連法務

会社の利益を死守します


弁護士法人ALGでは、労働分野においては、あらゆる業務に精通しており、様々な問題に対応することができます。多くの経験、実績を踏まえて、各種の機関誌への寄稿も数多く行っており、弁護士法人ALGが優位性を持つ分野となっています。
例えば、問題のある社員、能力を欠く社員を抱えており、当該社員との労働契約を終了させたい場合、その方法として、退職勧奨、懲戒解雇、普通解雇、場合によっては早期退職者の希望を募ることや整理解雇(リストラ)の実施など複数の選択肢があります。

続きを読む

どれがベストかはケースバイケースですが、弁護士法人ALGでは、豊富な経験から適切な解決策をご提案致します。
長年勤続してきた社員に会社を辞められた挙句、従業員を引き抜かれている、あるいは競業避止義務があるのに競業行為を行っているため、これに対する処置を考えたいという方、差止請求、損害賠償請求等、弁護士法人ALGでは適切な方法をご提案致します。
上記のような紛争法務以外にも、就業規則や各種社内規則(給与規程、退職規程等)の整備は、予防法務の観点から極めて重要です。また、就業規則に定めがないことが原因で残業代の支払額が増加したり、懲戒処分が行えないなど、会社の利益を守ることができない状況に陥らないために、弁護士法人ALGでは、就業規則や給与規程、退職金規程その他の各種社内規則の作成、レビューを行います。
また、残業代請求を受けている、労災問題を抱えているなど、会社がかかえる労働問題は、数多くあると思います。不幸にも労働者との間の紛争が生じてしまい、労働審判を申立てられた、あるいは訴訟を提起されたというような場合、速やかに代理人として活動を開始し、紛争に臨むことが重要です。弁護士法人ALGでは、使用者のための労働法務を取り扱う弁護士として、会社の利益を死守します。

これからも、弁護士法人ALGでは、会社の利益を最大化するために様々な場面において、会社を守る方策をご提案し続けます。

労働者側の視点からの
企業防衛のノウハウと予防法務
退職勧奨手続きの支援 整理解雇に伴う希望退職手続きの策定 従業員引き抜き、競業避止義務違反に対する交渉及び訴訟業務 就業規則等、会社の従業員に対する各種規則等の作成 各種労働問題に関する労働審判及び訴訟対応

お取扱い分野

ALG LEGAL NEWS

所属弁護士によるブログ

MORE
Now Loading...
  • 0120-572-238
  • 0120-336-709
  • 0120-117-631
  • 0120-979-039
  • 0120-773-405
  • 0120-522-017

各種メディア関連の出演・執筆のご依頼はこちらから 03-4577-0705

Mail
CLOSE
Menu