個人のお客様


Customer Individual

個人のお客様のご相談

リーガルサービス = サービス業


弁護士法人ALGは個人のお客様からのご相談に対し、交通事故、医療過誤、離婚問題、刑事事件、相続問題、建築紛争など、それぞれの分野を得意とする弁護士が「チーム」となって応対致します。

「法律事務所」には、毎日、様々な法的トラブルを抱えたお客様が訪問しますが、社会が複雑化し、私たちを取り巻く環境が高度に変化した今日では、たとえ「離婚問題」のご相談であっても一つとして同じものはなく、これまで弁護士業に受け継がれてきた"通り一遍"の法的アドバイスでは、到底、お客様一人ひとりのニーズに合致した法的サービスを提供することはできません。
そこで、私たち弁護士法人ALGは、お客様のご相談ごとに「離婚問題チーム」、「交通事故チーム」、「医療法務チーム」、「刑事弁護チーム」、「相続問題チーム」等それぞれに所属する各分野に長けた弁護士が応対し、質の高い法的サービスを提供しております。
さらに、例えば、交通事故によって重篤な怪我を負ってしまったお客様に対しては「交通事故チーム」と「医療法務チーム」が連携して応対することで、それぞれの専門知識を活かしたシナジー効果を実現することが可能となり、考えられ得るもっとも良い方向での解決を導くことができます。
また、これらの法的トラブルの解決に加え、弁護士法人ALGでは、税理士、司法書士、行政書士等、他の専門職種との連携により、建設的な法的サービスも提供できるよう心がけております。


「離婚について考えている」、「家族が逮捕された」、「近く相続問題が起こりそうである」、「交通事故の被害者なのに、加害者や保険会社が横柄で不信感がある」、「医療過誤の疑いがあるのではないか?」など、お困りごとがございましたら、一度、私たち弁護士法人ALGへご連絡ください。
弁護士法人ALGでは、堅苦しい、自分の非も責められそう、料金が高そう、といったこれまでの「法律事務所」の悪いイメージを払拭すべく、「法的サービス」も「サービス業」であることを徹底し、弁護士のみならず全ての事務スタッフへの教育もしっかりと行っております。

最後になりますが、弁護士法人ALGでは高品質の法的サービスを提供し、顧客満足のみならず、「顧客感動」を目指し、新しい法的サービスの提供に努める所存です。

交通事故の記事一覧 交通事故の記事一覧
交通事故

通院日数が少ない場合の慰謝料|適正額で受け取るために必要な通院日数とは

子供が交通事故に遭った場合の慰謝料|大人と子供で慰謝料相場に違いはある?

後遺障害14級の慰謝料相場と等級認定のポイントを解説

通院日数は交通事故慰謝料に影響する?適切な通院日数とは

後遺障害が非該当となった場合の対処法|認定されない理由とは

主婦の逸失利益について

交通事故における示談の注意点

むちうちの慰謝料の計算方法

損益相殺とは?損害賠償金への影響について

交通事故の素因減額について

交通事故慰謝料の算定基準について

交通事故発生から示談までの流れ

交通事故による可動域制限の後遺障害とは

後遺障害診断書の正しい書き方や基礎知識について

死亡事故の慰謝料

交通事故の休業損害とは | 請求条件や計算方法

休業損害の計算について

交通事故を弁護士に依頼すべき6つのメリット

後遺障害等級の異議申し立てをする方法

自賠責基準とは|自賠責基準の慰謝料一覧

交通事故における逸失利益とは|計算方法と増額のポイント

交通事故の影響で3ヶ月通院した場合の慰謝料について

交通事故の慰謝料を計算する方法

弁護士基準とは|弁護士基準の慰謝料相場

交通事故で最も多いのは「むちうち」。その原因と症状、慰謝料の解説

交通事故の示談とは | 交渉の流れや成立前に注意すべきこと

主婦の休業損害 | 専業主婦・兼業主婦の場合

交通事故の慰謝料相場

後遺障害の認定基準と申請方法

交通事故の損害賠償とは | 対象になるもの

症状固定|賠償額への大きな影響と後悔しないためのポイント

【交通事故の慰謝料計算機】交通事故の慰謝料 | 種類や請求方法について

交通事故の治療打ち切りを迫られたら弁護士に相談してみよう

同乗者の慰謝料 | 請求相手や過失・責任が問われるケース

交通事故の記事一覧

各種取扱い分野

  • 0120-589-887
  • 0120-090-620
  • 0120-117-631
  • 0120-544-064
  • 0120-528-004
  • 0120-523-019

各種メディア関連の出演・執筆のご依頼はこちらから 03-4577-0705

CLOSE
Menu