• 弁護士法人ALG&Associates
  • 弁護士法人ALG&Associates 東京本部 代表弁護士 金﨑 浩之
  • 弁護士法人ALG&Associates 東京本部 代表弁護士 片山 雅也
  • 新宿スクエアタワー
  • 弁護士法人ALG&Associates 東京本部 パートナー弁護士 佐久間 明彦
  • 弁護士法人ALG&Associates 東京本部 パートナー弁護士 山岸 純
  • 弁護士法人ALG&Associates 応接ブース
  • 弁護士法人ALG&Associates 東京本部 パートナー弁護士 家永 勲
  • 弁護士法人ALG&Associates 大阪支部 パートナー弁護士 長田 弘樹
  • 弁護士法人ALG&Associates 弁護士バッヂ 六法全書
  • 弁護士法人ALG&Associates 大阪支部 パートナー弁護士 谷川 聖治
  • 弁護士法人ALG&Associates 東京本部 パートナー弁護士 岡本 珠亀子
  • 弁護士法人ALG&Associates 六法全書
  • 弁護士法人ALG&Associates 千葉支部 パートナー弁護士 金﨑 美代子
  • 弁護士法人ALG&Associates 東京本部 パートナー弁護士 日向 祥子
高品質のリーガルサービスを提供し、顧客満足のみならず、「顧客感動」を実現いたします。
高品質のリーガルサービスを提供し、顧客満足のみならず、「顧客感動」を実現いたします。

弁護士法人ALGのリーガルサービス

Media

MORE

2017年4月14日

『労政時報』

実務に役立つ法律基礎講座(29)兼業・副業の記事を、代表弁護士 片山雅也が執筆しました。

【相談室Q&A】内規により従来支給してきた金一封を取りやめることは可能かの記事を、執行役員・弁護士 家永勲が執筆しました。

株式会社労務行政 2017年4月14日〈発行〉


2017年4月10日

『全国賃貸住宅新聞』

片山代表弁護士による連載「弁護士が解決!!身近な不動産トラブル」第28回『駐車場内での事故』

全国賃貸住宅新聞 2017年4月10日〈発行〉


2017年4月5日

『国際ホテル旅館新聞』

国際ホテル旅館新聞に、執行役員・弁護士 家永 勲の解説記事が掲載されました。「放送法64条で受信料徴収ルールを規定」

(株)ブライダル産業新聞社 2017年4月5日〈発行〉


2017年4月5日

『高齢者住宅新聞』

執行役員・弁護士 家永 勲による連載「介護施設を取り巻く法律問題の今」『第68回 セクハラ防止対策について』

高齢者住宅新聞 2017年4月5日〈発行〉


2017年3月25日

『先見労務管理 賃金統計と雇用実務』

【特集】「試用期間をめぐる労務管理上の留意点~試用期間中の解雇でも合理的な理由が必要~」の記事を、代表弁護士 片山雅也が執筆しました。

労働調査会 定期刊行物 2017年3月25日〈発行〉


2017年3月21日

『月刊サイゾー 2017年4月号』

取材:執行役員・弁護士 山岸 純、志賀 勇雄 弁護士

「悪法は司法でどう扱われたのか?最高裁が違憲判決を下した法律」の記事において、執行役員・弁護士 山岸 純と志賀 勇雄 弁護士の取材内容を掲載しました。

株式会社サイゾー 2017年3月21日〈発行〉


2017年3月13日

『全国賃貸住宅新聞』

片山代表弁護士による連載「弁護士が解決!!身近な不動産トラブル」第27回『非弁行為による交渉について』

全国賃貸住宅新聞 2017年3月13日〈発行〉


2017年3月10日

『労政時報』

【相談室Q&A】在宅勤務制度の廃止に伴う就業規則の変更で不利益変更とみなされる場合は どのようなときか の記事を、執行役員・弁護士 山岸純が執筆しました。

株式会社労務行政 2017年3月10日〈発行〉


2017年3月7日

Web「M&A情報広場」

寄稿:執行役員・弁護士 家永 勲

「アサヒビール、旧SABミラーの東欧事業を買収」

運営:インクグロウ株式会社


2017年3月7日

Web「Business Journal」

協力:執行役員・弁護士 山岸 純

安倍首相の「疑惑」…森友学園へ関与示唆する事実続出、夫人の名誉校長就任前日に大阪入り

運営:株式会社サイゾー


2017年3月2日

Web「Business Journal」

協力:執行役員・弁護士 山岸 純

任天堂が提訴のマリカー、著作権侵害は成立せず?発想は素敵だが「絶対許されない」理由

運営:株式会社サイゾー


2017年3月1日

『高齢者住宅新聞』

家永弁護士による連載「介護施設を取り巻く法律問題の今」『第67回 高齢者施設契約時の注意点』

高齢者住宅新聞 2017年3月1日〈発行〉


2017年2月16日

Web「弁護士ジャパン」

「弁護士ジャパン・インタビュー」に、佐久間 明彦 弁護士の取材記事が掲載されました。

運営:リタネット株式会社


2017年2月14日

『サンデー毎日』2月26日号

「認知症が引き起こす財産トラブル」に、荻野 正晃 弁護士の取材記事が掲載されました。

毎日新聞出版株式会社 2017年2月14日〈発行〉


2017年2月14日

Web「Business Journal」

協力:山岸 純 弁護士

出家・引退騒動の清水富美加、重大な契約違反か…奴隷労働の有無や損害賠償めぐり裁判か

運営:株式会社サイゾー


2017年2月13日

『全国賃貸住宅新聞』

片山代表弁護士による連載「弁護士が解決!!身近な不動産トラブル」第26回『家具家電付きの賃貸借契約』

全国賃貸住宅新聞 2017年2月13日〈発行〉


2017年2月10日

『労政時報』

【相談室Q&A】採用時に交わした勤務中の身だしなみに関する誓約を守らない社員を 懲戒できるか の記事を、パートナー弁護士 家永勲が執筆しました。

株式会社労務行政 2017年2月10日〈発行〉


2017年2月7日

Web「Business Journal」

協力:金﨑 浩之 弁護士、金﨑 美代子 弁護士

東大病院の「単純な」薬投与ミス・男児死亡、なぜ東大側の責任が否定される可能性?

運営:株式会社サイゾー


2017年2月4日

Web「Business Journal」

協力:山岸 純 弁護士

韓国人窃盗団が盗んだ長崎の仏像、韓国裁判所が「韓国の寺に引き渡せ」のトンデモ判決

運営:株式会社サイゾー


2017年2月1日

フジテレビ「とくダネ!」

解説:執行役員 山岸 純弁護士

『給与明細に「ペナルティー9350円」 セブンが病欠のバイトに「罰金」』について解説いたしました。


2017年2月1日

『Leadership Development Note(LDノート)』

【No.1238 評価者への不信】~大胆な目標設定とメンバーのコミット~「法的視点」の記事を、代表弁護士 片山雅也が執筆しました。

キャリアクリエイツ 定期刊行物 2017年2月1日〈発行〉


2017年2月1日

『高齢者住宅新聞』

家永弁護士による連載「介護施設を取り巻く法律問題の今」『第66回 鍵の保管ミスで慰謝料支払い』

高齢者住宅新聞 2017年2月1日〈発行〉


2017年1月25日

Web「M&A情報広場」

寄稿:家永 勲 弁護士

「ファミリーマートとユニーのM&Aについて」

運営:インクグロウ株式会社


2017年1月24日

Web「Business Journal」

協力:山岸 純 弁護士

不倫疑惑の江角マキコ、離婚なら多額慰謝料支払いの悪夢か…フジテレビ夫へ

運営:株式会社サイゾー


2017年1月21日

Web「弁護士ドットコムニュース」

協力:執行役員 山岸 純 弁護士

歯科で30分遅刻の患者を「キャンセル扱い」したら逆ギレされた…どう対応すれば?

運営:弁護士ドットコム株式会社


2017年1月13日

『労政時報』

【相談室Q&A】採用選考段階で、暴力団などの反社会的勢力との関わりを確認するにはどうしたらよいか の記事を、パートナー弁護士 山岸純が執筆しました。

株式会社労務行政 2017年1月13日・27日合併号〈発行〉


2017年1月12日

Web「Business Journal」

協力:榎本 啓祐 弁護士、水流 恭平 弁護士

妻殺害容疑の講談社「モーニング」編集次長、有罪なら5~10年程度の懲役か

運営:株式会社サイゾー


2017年1月9日

『全国賃貸住宅新聞』

片山代表弁護士による連載「弁護士が解決!!身近な不動産トラブル」第25回『要求過剰な賃借人に対する更新拒絶』

全国賃貸住宅新聞 2017年1月9日〈発行〉


2017年1月4日

『高齢者住宅新聞』

家永弁護士による連載「介護施設を取り巻く法律問題の今」『第65回 管理監督者とは何か』

高齢者住宅新聞 2017年1月4日〈発行〉


2016年12月17日

Web「Business Journal」

協力:山岸 純 弁護士

成宮寛貴さん薬物疑惑、事実なら懲役刑も…もしシロならフライデーにどんなリスクが?

運営:株式会社サイゾー


2016年12月17日

Web「Business Journal」

協力:山岸 純 弁護士

電通並みブラック&違法行為満載の企業!社員に罰金、丸刈り強要・・・泣き寝入り強いる労基署

運営:株式会社サイゾー


2016年12月15日

『人事労務実務のQ&A』

【今これが知りたいQ&A】「事業譲渡ガイドラインと組織変動に伴う労働契約の承継」の記事を、代表弁護士 片山雅也が執筆しました。

一般社団法人日本労務研究会 定期刊行物 2016年12月15日〈発行〉


2016年12月13日

Web「Business Journal」

協力:山岸 純 弁護士

ノンスタ井上、当て逃げ事件で懲役7年以下、逃亡の恐れなら逮捕の可能性も

運営:株式会社サイゾー


2016年12月12日

『全国賃貸住宅新聞』

片山代表弁護士による連載「弁護士が解決!!身近な不動産トラブル」第24回『賃貸人の地位の移転と敷金の精算』

全国賃貸住宅新聞 2016年12月12日〈発行〉


2016年12月9日

『労政時報』

【相談室Q&A】諭旨解雇に応じない社員を懲戒解雇することは可能か の記事を、パートナー弁護士 家永勲が執筆しました。

株式会社労務行政 2016年12月9日〈発行〉


2016年12月7日

『高齢者住宅新聞』

家永弁護士による連載「介護施設を取り巻く法律問題の今」『第64回 厳しいリストラの制限』

高齢者住宅新聞 2016年12月7日〈発行〉


2016年12月2日

Web「マストマガジン」

協力:山岸 純 弁護士

介護事業者側の安全措置構築の重要性を考える

運営:株式会社エス・エム・エス


2016年12月2日

Web「ケアマネタイムス」

協力:山岸 純 弁護士

介護事業者側の安全措置構築の重要性を考える

運営:株式会社エス・エム・エス


2016年11月30日

Web「マイナビ賃貸」

協力:山岸 純 弁護士

口約束は有効?無断で録音はOK?賃貸住宅の法律相談「重要事項説明」編

運営:株式会社 マイナビ


2016年11月30日

Web「Business Journal」

協力:山岸 純 弁護士

ASKA新曲を無断公表した井上公造氏、著作権法違反で懲役5年以下も…『ミヤネ屋』も

運営:株式会社サイゾー


2016年11月29日

Web「Business Journal」

協力:山岸 純 弁護士

ASKA容疑者、「7年程度」刑務所に収監か…再び覚せい剤逮捕で、執行猶予は取消

運営:株式会社サイゾー


2016年11月25日

Web「Business Journal」

協力:山室 裕幸 弁護士

『逃げ恥』ダンス動画アップ、容認宣言でも違法&処罰の危険…TBS「回答なし」

運営:株式会社サイゾー


2016年11月23日

Web「M&A情報広場」

寄稿:家永 勲 弁護士

M&Aのスキーム選択と労働契約の関係

運営:インクグロウ株式会社


2016年11月15日

『労務事情』

【出向・転籍にかかわるトラブル対応】 の記事を、代表弁護士 片山雅也/パートナー弁護士 山岸純/パートナー弁護士 家永勲が執筆しました。

産労総合研究所 定期刊行物 2016年11月15日 〈発行〉


2016年11月14日

『全国賃貸住宅新聞』

片山代表弁護士による連載「弁護士が解決!!身近な不動産トラブル」第23回『迷惑行為を原因とする契約解除』

全国賃貸住宅新聞 2016年11月14日〈発行〉


2016年11月11日

『労政時報』

【相談室Q&A】退職時に提出させた守秘義務に関する誓約書等の保存期間をいつまでとすべきか の記事を、パートナー弁護士 山岸純が執筆しました。

株式会社労務行政 2016年11月11日〈発行〉


2016年11月2日

『高齢者住宅新聞』

家永弁護士による連載「介護施設を取り巻く法律問題の今」『第63回 震災で建物が倒壊した際の責任』

高齢者住宅新聞 2016年11月2日〈発行〉


Publications

MORE

2017年4月14日

『労政時報』

「実務に役立つ法律基礎講座(29)兼業・副業」の記事を、代表弁護士 片山雅也が執筆しました。

【相談室Q&A】内規により従来支給してきた金一封を取りやめることは可能かの記事を、執行役員・弁護士 家永勲が執筆しました。

出版社:株式会社 労務行政 定期刊行物

発行:2017年4月14日(第2・4金曜日発行)


2017年3月25日

『先見労務管理 賃金統計と雇用実務』

【特集】「試用期間をめぐる労務管理上の留意点~試用期間中の解雇でも合理的な理由が必要~」の論文を、代表弁護士 片山雅也が執筆しました。

出版社:労働調査会 定期刊行物

発行:2017年3月25日


2017年3月10日

『労政時報』

【相談室Q&A:在宅勤務制度の廃止に伴う就業規則の変更で不利益変更とみなされる場合はどのようなときか】の論文を、執行役員・弁護士 山岸純が執筆しました。

出版社:株式会社 労務行政 定期刊行物

発行:2017年3月10日(第2・4金曜日発行)


2017年2月10日

『労政時報』

【相談室Q&A:採用時に交わした勤務中の身だしなみに関する誓約を守らない社員を懲戒できるか】の論文を、パートナー弁護士 家永勲が執筆しました。

出版社:株式会社 労務行政 定期刊行物

発行:2017年2月10日(第2・4金曜日発行)


2017年2月1日

『Leadership Development Note(LDノート)』

【No.1238 評価者への不信】~大胆な目標設定とメンバーのコミット~「法的視点」の記事を、代表弁護士 片山雅也が執筆しました。

出版社:キャリアクリエイツ 定期刊行物

発行:2017年2月1日


2017年1月13日

『労政時報』

【相談室Q&A:採用選考段階で、暴力団などの反社会的勢力との関わりを確認するにはどうしたらよいか】の論文を、パートナー弁護士 山岸純が執筆しました。

出版社:株式会社 労務行政 定期刊行物

発行:2017年1月13日・27日(合併号)(第2・4金曜日発行)


2016年12月15日

『人事労務実務のQ&A』

【今これが知りたいQ&A「事業譲渡ガイドラインと組織変動に伴う労働契約の承継」】の論文を、代表弁護士 片山雅也が執筆しました。

出版社:日本労務研究会

発行:2016年12月15日


2016年12月9日

『労政時報』

【相談室Q&A:諭旨解雇に応じない社員を懲戒解雇することは可能か】の論文を、パートナー弁護士 家永勲が執筆しました。

出版社:株式会社 労務行政 定期刊行物

発行:2016年12月9日(第2・4金曜日発行)


2016年11月15日

『労務事情』

【出向・転籍にかかわるトラブル対応】の論文を、代表弁護士 片山雅也・パートナー弁護士 山岸純・パートナー弁護士 家永勲が執筆しました。

出版社:産労総合研究所 定期刊行物

発行:2016年11月15日


2016年11月11日

『労政時報』

【相談室Q&A:退職時に提出させた守秘義務に関する誓約書等の保存期間をいつまでとすべきか】の論文を、パートナー弁護士 山岸純が執筆しました。

出版社:株式会社 労務行政 定期刊行物

発行:2016年11月11日(第2・4金曜日発行)


2016年10月28日

『労政時報』

【特集2 注目判例:歓送迎会から会社に戻る途中の事故死について、歓送迎会は会社の活動に密接に関連していることから、遺族補償給付等不支給処分を取り消す】の論文を、代表弁護士 片山雅也が執筆しました。

出版社:株式会社 労務行政 定期刊行物

株式会社労務行政 2016年10月28日〈発行〉


2016年10月28日

『労政時報』

【相談室Q&A:資格取得のための研修や試験が休日等に実施される場合、労働時間となるか】の論文を、パートナー弁護士 家永勲が執筆しました。

出版社:株式会社 労務行政 定期刊行物

株式会社労務行政 2016年10月28日〈発行〉


Newsletter

MORE

【不動産業界】2017年4月号Vol.29

『駐車場の立退きについて』


2017年4月号Vol.64

同業他社に転職したことを理由とした退職加算金返還請求~東京地裁平成28年3月31日判決~


【不動産業界】2017年3月号Vol.28

『社宅契約における注意点』


2017年3月号Vol.63

定年後再雇用者の賃金規定と労契法20条違反の有無等~東京高裁平成28年11月2日判決~


【不動産業界】2017年2月号Vol.27

『賃貸借契約期間内に契約を終了させる旨の条項(途中解約条項)の有効性』


2017年2月号Vol.62

内部告発を理由とする配転・出向・解雇等の有効性~東京地裁平成28年1月14日判決~


【不動産業界】2017年1月号Vol.26

『一方的な賃料減額請求』


2017年1月号Vol.61

組合に関するブログ記事等を理由とする更新拒絶は認められないと判断された事案~東京地裁平成28年1月29日判決~


【不動産業界】2016年12月号Vol.25

『水道料金や電気料金の消滅時効』


2016年12月号Vol.60

勤務態度等を理由とする再雇用契約の更新拒絶の有効性~東京地裁平成28年2月19日判決~


【不動産業界】2016年11月号Vol.24

『大家さんが敷金を返してくれない!』


2016年11月号Vol.59

サイニングボーナスの返還を求める契約が無効であるとされた事例~東京地裁平成26年8月14日判決~


【労務特別号】2016年10月号

『対策していますか?無期転換ルール』


【不動産業界】2016年10月号Vol.23

『敷引特約の有効性』


2016年10月号Vol.58

期間雇用社員の雇用契約が約30回更新された後の事業譲渡等を理由とする雇止めの有効性~平成27年10月16日鳥取地裁判決~


Menu