その他法律相談


Legal Advice

芸能トラブル

芸能事務所に所属する新人タレントや「候補生」といった立場の方は、芸能事務所側が一方的に有利な内容で全ての物事が進められてしまったり、辞めようとしても「弱み」を握られていたり、誓約書などで厳しい違約金などが定められており、泣き寝入りせざるを得ないケースが後を絶ちません。
「芸能界は特殊だから仕方がない」、「有名になるためにはガマンしなければならない」といった考えは慰めにはなるかもしれませんが、解決にはなりませんし、芸能事務所側の「芸能界だから許される」といった考えは法律の専門家である弁護士の前では通りません。

続きを読む

芸能トラブルで泣き寝入りせず、まずは、弁護士法人ALGの弁護士にご相談ください。

インターネット・トラブルの法律相談

かつて、インターネット・トラブルといえば、"2ちゃんねる"のようなインターネット掲示板への誹謗中傷の書込みや"アダルトサイト"からの不当請求、"ヤフオク"などのオークションにおけるトラブルがほとんどでした。

しかし、SNSサービスの普及などとともにインターネット・トラブルは深化し、今では、学校裏サイトにおけるいじめや、就職情報サイトにおける企業への誹謗中傷、マイナンバーの漏えいなどを騙り不安を駆り立てる詐欺メール、オンラインゲームの"課金"問題など、新しい種類のトラブルが次々と発生しています。

続きを読む

これらの問題は、法律の専門家である弁護士なしには決して解決できません。
弁護士法人ALGでは、インターネット・トラブルに精通した弁護士が、不当請求に対しては断固として拒絶し、誹謗中傷やプライバシー侵害に対しては迅速な権利回復を図ります。

ストーカー対策の法律相談

近年、恋愛関係のもつれから逆恨み的に待ち伏せやつきまといを行ったり、また、過去の性的な画像をインターネットに掲載したりといったことがトラブルとなっています。

これらの迷惑行為は、今ではストーカー規制法やリベンジポルノ禁止法といった法令により、刑罰をもって規制されていますが、実際に警察署に相談に行っても「証拠がない」、「まだ被害が発生していない」などとしてとりあってくれないのが現状です。

続きを読む

このようなストーカーやリベンジポルノについては、刑事と民事の両方から守りを固めてこれ以上の被害を防止し、加害者を追い詰めていくことが必要です。

そのため、弁護士法人ALGでは刑事事件に精通した弁護士が、刑事と民事という2つの手続きをもって、迅速な対応を行います。

ハラスメント対策の法律相談

従来から取り上げられているセクハラやパワハラだけではなく、最近では、大学などでの教授による不当な嫌がらせを指すアカハラ(アカデミック・ハラスメント)や、妊娠した女性や出産を控えた女性に対して行われる嫌がらせを指すマタハラ(マタニティ・ハラスメント)など、さまざまな「ハラスメント(嫌がらせ)」が横行しています。

このような「ハラスメント(嫌がらせ)」は、自らの強い立場を悪用して行われることがほとんどであることから、「ハラスメント(嫌がらせ)」を行う者は、様々な方法で証拠を改ざんしたり、隠滅したり、時には脅迫的な言動をもってこれらを揉み消そうとします。

続きを読む

このような場合、法律の専門家である弁護士にいち早く相談することが解決への近道です。
弁護士法人ALGでは、お客様の代理人として、このような「ハラスメント(嫌がらせ)」に対し、断固として立ち向かい、お客様の被害回復を図ります。

各種取扱い分野

ALG LEGAL NEWS

所属弁護士によるブログ

MORE
Now Loading...
  • 0120-572-238
  • 0120-336-709
  • 0120-117-631
  • 0120-979-039
  • 0120-773-405
  • 0120-522-017

各種メディア関連の出演・執筆のご依頼はこちらから 03-4577-0705

Mail
CLOSE
Menu