交通事故慰謝料弁護士 弁護士法人ALG&Associates

示談してしまう前にご相談ください

弁護士に依頼すれば交通事故慰謝料増額できる可能性があります

弁護士に依頼すれば交通事故慰謝料が増額できる可能性があります

増額しなければ成功報酬はいただきません

  • 相談料 0
  • 着手金 0
  • 弁護士報酬 成功報酬
  • 弁護士費用 後払い

※諸経費20,000円(税込 22,000円)がかかります。 ※死亡・後遺障害等級認定済みまたは認定が見込まれる場合 ※事案によっては対応できないこともあります。 ※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。

0120-589-887

24時間予約受付・年中無休・通話無料

メールお問い合わせ

※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

そのまま示談して大丈夫ですか?

交通事故の慰謝料は、弁護士に依頼するだけで場合があります

交通事故の慰謝料は、弁護士に依頼するだけで大きく増額する場合があります

保険会社から提示された交通事故の慰謝料は適切ではない可能性があります

保険会社から提示された交通事故の慰謝料は適切ではない可能性があります

保険会社という「れっきとした会社が提示するのだから間違いないだろう」と、提示を受けた慰謝料や賠償金に二つ返事で応じてしまうのは厳禁と覚えておきましょう。
れっきとした会社だからこそ、会社の利益を第一に考えるのです。

保険会社が提示してくる金額は、自社の利益に響かないような、被害者にとって適正とは言い難い内容であることがほとんどです。
署名・捺印をしなければ示談成立とはなりません。
お金の提示を受けたら、疑う姿勢をもって、弁護士に適正性を確認することをおすすめします。

交通事故の慰謝料で弁護士ができること

  • 慰謝料請求を見据えた通院のアドバイス

    慰謝料請求を見据えた通院のアドバイス
  • 適正な賠償額の算定

    適正な賠償額の算定
  • 後遺障害慰謝料請求のため後遺障害等級認定・異議申立てのサポート

    後遺障害慰謝料請求のため後遺障害等級認定・異議申立てのサポート
  • 保険会社との示談交渉

    保険会社との示談交渉

弁護士に何を望まれるでしょうか?
慰謝料や損害賠償金といったお金の増額、保険会社とのやりとりからの解放、「わからない」という漠然とした不安からの脱却など、人によって要望はさまざまだと思います。

弁護士は、こうしたご要望をトータル的に解決していくために尽力します。
先々生じ得る事態を見据えつつ、適正な賠償金を受け取るための具体的なアドバイスや、申請書類などの作成・精査、増額交渉などを“被害者の方の代わりに”行います。

事故直後からすべて弁護士におまかせいただけます
事故直後からすべて弁護士におまかせいただけます

弁護士法人ALGなら慰謝料の請求を安心してお任せいただけます

医学博士弁護士在籍「医療事故チーム」、豊富な相談実績「交通事故チーム」

交通事故で怪我をする以上、交通事故と医療は切っても切れない関連性があります。

この点、弁護士法人ALGには、交通事故事案のみを専属的に取り扱う「交通事故チーム」と、医学博士の資格を持つ弁護士が数名在籍する「医療事故チーム」があります。

仮に交通事故案件で医学論争に発展するような場面でも、医療事故チームとタッグを組んで正当に主張・立証していくことが可能です。

  • 被害者の立場に立ち、最大の味方として戦います

    被害者の立場に立ち、最大の味方として戦います

    被害者側の保険会社は、完全なる味方とは言い切れない部分があります。
    なぜなら、過失0の場合は示談代行サービスが利用できないうえ、交渉が長引くようなら妥協して早く終わらせようとすることも実際にあるからです。

    一方、弁護士は、被害者の方と「被害者の代わりとなります」という契約をして、被害者の代理人として加害者側と交渉します。

    被害者の立場に寄り添いながら、法律の専門家として裁判をも辞さない姿勢で交渉に臨むことができます。

  • 弁護士だけでなくスタッフも一丸となって事案に取り組みます

    弁護士だけでなくスタッフも一丸となって事案に取り組みます

    交通事故事件は、弁護士だけではなく事務局などのスタッフも重要な役割を担います。
    他の事務所を含め、多くの弁護士は、裁判所への出廷などにより不在になることは少なくありません。
    そのため、弁護士の力を補う、事務局スタッフの協力は不可欠です。

    弁護士法人ALGは、弁護士以外の受付スタッフや事務局に対しても担当制を設け、責任をもってご依頼者様の対応に従事しています。

    たとえ弁護士が不在でも、スタッフがサポートできる体制を整えており、事実、担当弁護士だけでなく、担当スタッフが丁寧に対応してくれたとのお客様の声を多数いただいています。

増額しなければ成功報酬はいただきません

  • 相談料 0
  • 着手金 0
  • 弁護士報酬 成功報酬
  • 弁護士費用 後払い

※諸経費20,000円(税込 22,000円)がかかります。 ※死亡・後遺障害等級認定済みまたは認定が見込まれる場合 ※事案によっては対応できないこともあります。 ※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。

0120-589-887

24時間予約受付・年中無休・通話無料

メールお問い合わせ

※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

弁護士依頼が交通事故慰謝料に影響するしくみ

弁護士依頼が交通事故慰謝料に影響するしくみ

一般的には、保険会社との示談においては、裁判で認められる適正金額よりもどうしても低額な慰謝料となりがちです。

しかし、弁護士が交渉や裁判で用いる弁護士基準は、図式からもおわかりいただけるように、弁護士基準が最も高額な慰謝料を算定できる基準といえます。

適正な慰謝料を請求するためには、弁護士に依頼することが大きく影響するという背景がおわかりいただけるでしょう。

弁護士基準による算定の増額例

低額だった賠償額に対し弁護士基準で交渉を行い、賠償額が800万円以上増額した事例

低額だった賠償額に対し弁護士基準で交渉を行い、賠償額が800万円以上増額した事例

後遺障害逸失利益が約3倍、慰謝料が弁護士基準になった結果、約530万円の増額になった事例

後遺障害逸失利益が約3倍、慰謝料が弁護士基準になった結果、約530万円の増額になった事例

増額しなければ成功報酬はいただきません

  • 相談料 0
  • 着手金 0
  • 弁護士報酬 成功報酬
  • 弁護士費用 後払い

※諸経費20,000円(税込 22,000円)がかかります。 ※死亡・後遺障害等級認定済みまたは認定が見込まれる場合 ※事案によっては対応できないこともあります。 ※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。

0120-589-887

24時間予約受付・年中無休・通話無料

メールお問い合わせ

※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

適正な慰謝料を得るためのポイント

  • check1

    適正な通院頻度通院をおこなう

    慰謝料を決める大きな要素は、病院や整骨院に通った回数と頻度です。

    ただ、怪我の症状のわりに、通院頻度が少なすぎたり、逆に多すぎたりすると、かえって争いになってしまってしまうこともあり、結果として慰謝料が減額されてしまうおそれがあります。

  • check2

    「症状固定」は正しいタイミングでおこなう

    症状固定といわれた場合には、注意しましょう。
    交通事故において「症状固定」は極めて重要な診断です。

    症状固定の時期を誤ると、その後の治療費や慰謝料が適正に払われなくなる可能性があります。
    症状固定といわれた場合には、すぐに弁護士にご相談ください。

  • check3

    適切な後遺障害等級認定してもらう

    症状に見合った適切な等級認定は、適正な慰謝料・損害賠償を受けるうえで非常に重要です。

    1等級異なるだけで、何百万、何千万もの差が生じることも少なくありません。すでに後遺障害認定を受けた方も、異議申立てにより適切な後遺障害等級が認められる可能性もあります。

  • check4

    弁護士基準で交渉をおこなう

    弁護士に依頼して、最も高額な算定基準である弁護士基準で交渉おこなってもらうのもポイントのひとつです。

    弁護士への依頼は、適正な慰謝料請求だけでなく、煩雑な手続きや、わずらわしいやりとりを任せられるといったメリットにもつながります。

正しい慰謝料を得るためにも弁護士への依頼が重要です。交通事故に遭ったら事故直後から弁護士へご相談ください
正しい慰謝料を得るためにも、弁護士への依頼が重要です。交通事故に遭ったら、事故直後から弁護士へご相談ください

増額しなければ成功報酬はいただきません

  • 相談料 0
  • 着手金 0
  • 弁護士報酬 成功報酬
  • 弁護士費用 後払い

※諸経費20,000円(税込 22,000円)がかかります。 ※死亡・後遺障害等級認定済みまたは認定が見込まれる場合 ※事案によっては対応できないこともあります。 ※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。

0120-589-887

24時間予約受付・年中無休・通話無料

メールお問い合わせ

※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

弁護士法人ALGが選ばれる理由

交通事故事業部を設置し専門性を高めています
01

交通事故事業部を設置し専門性を高めています

弁護士法人ALGは、事業部制を導入し、交通事故分野に特化することで、様々な交通事故案件をこなせるようなスペシャリストを目指しています。
弁護士法人ALGには、若手の弁護士も在籍していますが、専門分野に特化しているため、交通事故案件の経験値は、他の分野を並行して扱っているベテラン弁護士に劣りません。

一つとして同じ交通事故がない中、様々な態様の事案を経験することで、独自のノウハウを蓄え、共有することが可能となっています。

医療事業部と連携し解決に当たっています
02

医療事業部と連携し解決に当たっています

弁護士法人ALG&Associates 東京法律事務所では、東京弁護士会が設置する法律研究部の一つである医療過誤法部に所属することを義務づけているため、医療問題に非常に慣れています。
また、そうして得られた医学的知見は、全国に展開している事務所に共有しているので、地方でお困りの被害者の方々にも柔軟に対応することができます。

そして、弁護士法人ALGは先駆けてチーム制を導入し、医療過誤訴訟に力を注いできたことから、協力医の強力なネットワークを有しており、必要であれば様々な分野の専門医から協力を得られる体制を築いています。

交通事故の事案においては、後遺障害等の医学的評価を含む論争が発生している場合、交通事故チームと医療事故チームが連携して解決に当たっています。

豊富な経験と培われたノウハウをご依頼者様の利益に繋げます
03

豊富な経験と培われたノウハウご依頼者様の利益に繋げます

弁護士法人ALGは、ご依頼者様に代わって交渉するため、正当な賠償が受けられるように最善を尽くします。 交渉相手となる保険会社は、数えきれないほどの事案をこなしているため、相当の交渉力を有しています。
そのような示談交渉のプロを相手にご依頼者様の利益を守るため、弁護士はご依頼者様の「代理人」として、法律知識と医学知識をもとに論理的に対抗します。

また、弁護士法人ALGは、全国に事務所を有しており、地方特有の事案にも対応することが可能です。事務所間で情報共有や連携を図ることで、独自のノウハウを培ってきました。
現在、弁護士法人ALGには、所属弁護士が82名(※2021年6月末現在)います。 弁護士の数だけ、様々な視点で解決策を見出すことが可能です。幅広い視野と、培ってきたノウハウによって、ご依頼者様の納得のいく解決を目指すことができます。

  • 交通事故の累計相談件数

    73,350

    ※2007年6月~2021年6月末の実績

  • 1日あたりの平均ご相談件数

    42

    ※2007年6月~2020年12月末の実績

  • お客様満足度

    94%

    ※2019年度 自社アンケート結果より

弁護士法人ALGの解決事例

主婦休損や逸失利益が満額認められ最終的な賠償額が相手方提示額の約3倍になった事例

結果 【依頼前・初回提示額】約125万円
【依頼後・終了時】約370万円

事案の概要と解決結果

ご依頼者様は40代の女性で、後続の相手方車両に追突されるという事故に遭い、頚椎捻挫等の傷害を負われました。

相手方保険会社から賠償案が提示され、その金額が妥当かどうか相談に見えました。相手方から提示された賠償案では、 ご依頼者様が仕事を休んでいないことから、休業損害が認められない内容でしたが、ご依頼者様は夫と同居し、家事全 般を行う主婦であったことから、主婦の休損、逸失利益を請求し、交渉を行った結果、いずれも請求額の満額が認定されました。

ご相談後、わずか1ヶ月で示談が成立し、弁護士が介入することによって、速やかに適正な賠償額が得られ、ご依頼者様に満足いただけた事案でした。

ご相談の流れ

  • step1

    お問い合わせ

    お問い合わせ

    お電話・メールフォームよりお気軽にご相談ください。
    まずは交通事故事件専属の受付スタッフがお伺いいたします。

  • step2

    法律相談

    法律相談

    受付スタッフと弁護士がご相談内容を共有し、事前に準備を致します。
    ご相談時すみやかに的確なアドバイスや戦略のご提案が可能です。

  • step3

    ご契約

    ご契約

    弁護士相談の内容に納得頂けましたらご契約を行います。
    無理に契約を進めることは致しませんのでご安心ください。

  • step4

    事件対応

    事件対応

    ご提案した戦略に沿って事件対応を進めます。
    事務員と情報を共有していますので、弁護士が不在の場合でも連絡が取れる体制を整えています。

弁護士費用

増額しなければ成功報酬はいただきません!

  • 相談料 0
  • 着手金 0
  • 弁護士報酬 成功報酬
  • 弁護士費用 後払い

※諸経費20,000円(税込 22,000円)がかかります。※死亡・後遺障害等級認定済みまたは認定が見込まれる場合
※事案によっては対応できないこともあります。※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。

成功報酬

回収金額の

11%
(税込)
+180,000円
(税込198,000円)

後遺障害認定済みの方は別途お得な料金がありますので、詳しくはお問い合わせください。

弁護士費用特約

最大300万円まで自己負担なし!

弁護士費用特約がついていれば本人原則負担なしで弁護士に依頼する事ができます。

増額しなければ成功報酬はいただきません

  • 相談料 0
  • 着手金 0
  • 弁護士報酬 成功報酬
  • 弁護士費用 後払い

※諸経費20,000円(税込 22,000円)がかかります。 ※死亡・後遺障害等級認定済みまたは認定が見込まれる場合 ※事案によっては対応できないこともあります。 ※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。

0120-589-887

24時間予約受付・年中無休・通話無料

メールお問い合わせ

※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。