交通事故慰謝料弁護士 弁護士法人ALG&Associates

【交通事故の慰謝料計算機】交通事故の慰謝料 | 種類や請求方法について

あなたの慰謝料はいくら? 交通事故の慰謝料計算機

性別 事故に遭った年齢
等級 年収 万円
年収/平均 入院期間
通院期間

あなたの損害額は…

総額

0

程度となる可能性があります

※ただし、過失割合がない場合を想定しています。

さらに増額が見込めるかもしれません!

どのくらい増額するのか気になったら今すぐお電話下さい!専門スタッフが丁寧にご案内いたします

0120-589-887
24時間予約受付・年中無休・通話料無料
24時間予約受付・年中無休・通話料無料
※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

メール相談はこちら

※上記タブの注意喚起をお読みください

内訳
後遺障害逸失利益:0
入通院慰謝料:0万円
後遺障害慰謝料:0万円
性別 死亡時の年齢
被害者の立場 扶養している家族の数
年収 万円 就労の有無

あなたの損害額は…

総額

0

程度となる可能性があります

※ただし、過失割合がない場合を想定しています。

さらに増額が見込めるかもしれません!

どのくらい増額するのか気になったら今すぐお電話下さい!専門スタッフが丁寧にご案内いたします

タップでお電話できます!/

0120-589-887
24時間予約受付・年中無休・通話料無料
24時間予約受付・年中無休・通話料無料
※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

メール相談はこちら

※上記タブの注意喚起をお読みください

ご家族が交通事故被害に遭われた方へ

内訳
死亡慰謝料:0万円
死亡逸失利益:0
  • ※記載の損害額は、「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」(赤い本)をもとに算定しており、示談協議、調停等の手続が異なる場合や地域性等によって算定基準が異なり、獲得できる損害額が増減する可能性があります。
  • ※記載の損害額は、過失割合がない前提の金額であり、過失割合がある場合には、獲得できる損害額は減額されます。
  • ※記載の損害額は、損害賠償として請求できるものの全部を取り上げたものではなく、事案によっては、内訳に記載された損害項目以外のものも請求できる場合があります。
  • ※通院が長期にわたる場合は、症状、治療内容、通院頻度をふまえ実通院日数の3.5倍程度を通院慰謝料算定のための通院期間の目安となり、通院慰謝料が減額されることがあります。
  • ※傷害の部位・程度及び後遺障害の症状・程度により、損害額は増減額します。上記記載の損害額はあくまでも目安となりますのでご注意ください。
  • ※年収の平均値は平成29年度の男女別・年齢別・学歴計の賃金センサスを採用しています。年収の平均値を使用して算定した場合には、記載の金額と実際に獲得できる損害賠償額との間に差が出ることがあります。
  • ※上記記載の金額はあくまでも「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」(赤い本)をもとに算定した目安であり、個別具体的な事情により、増額も減額もし得ます。そのため、あくまでも目安と考え、示談をする前には、必ず弁護士までご相談ください
  • ※記載の損害額は、「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」(赤い本)をもとに算定しており、示談協議、調停等の手続が異なる場合や地域性等によって算定基準が異なり、獲得できる損害額が増減する可能性があります。
  • ※記載の損害額は、過失割合がない前提の金額であり、過失割合がある場合には、獲得できる損害額は減額されます。
  • ※記載の損害額は、損害賠償として請求できるものの全部を取り上げたものではなく、事案によっては、内訳に記載された損害項目以外のものも請求できる場合があります。
  • ※通院が長期にわたる場合は、症状、治療内容、通院頻度をふまえ実通院日数の3.5倍程度を通院慰謝料算定のための通院期間の目安となり、通院慰謝料が減額されることがあります。
  • ※傷害の部位・程度及び後遺障害の症状・程度により、損害額は増減額します。上記記載の損害額はあくまでも目安となりますのでご注意ください。
  • ※年収の平均値は平成29年度の男女別・年齢別・学歴計の賃金センサスを採用しています。年収の平均値を使用して算定した場合には、記載の金額と実際に獲得できる損害賠償額との間に差が出ることがあります。
  • ※上記記載の金額はあくまでも「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」(赤い本)をもとに算定した目安であり、個別具体的な事情により、増額も減額もし得ます。そのため、あくまでも目安と考え、示談をする前には、必ず弁護士までご相談ください
  • ※記載の損害額は、「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」(赤い本)をもとに算定しており、示談協議、調停等の手続が異なる場合や地域性等によって算定基準が異なり、獲得できる損害額が増減する可能性があります。
  • ※記載の損害額は、過失割合がない前提の金額であり、過失割合がある場合には、獲得できる損害額は減額されます。
  • ※記載の損害額は、損害賠償として請求できるものの全部を取り上げたものではなく、事案によっては、内訳に記載された損害項目以外のものも請求できる場合があります。
  • ※通院が長期にわたる場合は、症状、治療内容、通院頻度をふまえ実通院日数の3.5倍程度を通院慰謝料算定のための通院期間の目安となり、通院慰謝料が減額されることがあります。
  • ※傷害の部位・程度及び後遺障害の症状・程度により、損害額は増減額します。上記記載の損害額はあくまでも目安となりますのでご注意ください。
  • ※年収の平均値は平成29年度の男女別・年齢別・学歴計の賃金センサスを採用しています。年収の平均値を使用して算定した場合には、記載の金額と実際に獲得できる損害賠償額との間に差が出ることがあります。
  • ※上記記載の金額はあくまでも「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」(赤い本)をもとに算定した目安であり、個別具体的な事情により、増額も減額もし得ます。そのため、あくまでも目安と考え、示談をする前には、必ず弁護士までご相談ください
  • ※記載の損害額は、「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」(赤い本)をもとに算定しており、示談協議、調停などの手続きが異なる場合や地域性等によって、算定基準が異なり、獲得できる損害額が増減する可能性があります。
  • ※記載の損害額は、過失割合がない前提の金額であり、過失割合がある場合には、獲得できる損害額は減額されます。
  • ※記載の損害額は、損害賠償として請求できるものの全部を取り上げたものではなく、事案によっては、内訳に記載された損害項目以外のものも請求できる場合があります。
  • ※記載の損害額には、入通院慰謝料は算入されておらず、入通院後死亡された場合には、慰謝料額が増額することがあります。
  • ※年金を受給している場合は、就労をしていない場合であっても、死亡逸失利益が損害額となります。
  • ※年収の平均値は平成29年度の男女別・年齢別・学歴計の賃金センサスを採用しています。年収の平均値を使用して算定した場合には、記載の金額と実際に獲得できる損害賠償額との間に差が出ることがあります。
  • ※記載の慰謝料はあくまでも被害者個人の損害額の目安であり、死亡事故においては、被害者の近親者固有の慰謝料が認められる場合があります。
  • ※上記記載の金額はあくまでも「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」(赤い本)をもとに算定した目安であり、個別具体的な事情により、増額も減額もし得ます。そのため、あくまでも目安と考え、示談をする前には、必ず弁護士までご相談ください

『慰謝料』と聞くと、離婚や浮気問題を思い浮かべるかもしれません。実は交通事故でケガをした場合にも慰謝料が支払われることはご存知でしょうか。 慰謝料とは精神的な苦痛などに対して支払われる賠償金のことですが、交通事故の慰謝料にはいくつか種類があります。 事故内容によって請求できるもの、できないものもありますので、本稿では交通事故における慰謝料の種類や相場などについて解説していきます。まずは交通事故慰謝料の全体像を確認していきましょう。

交通事故の慰謝料について

交通事故の慰謝料は損害賠償額の中の一項目です。また三種類の慰謝料があり、それぞれ性質が違います。まず、ケガなどで入通院すると日常生活に支障がでて、精神的負担が発生します。その為の賠償として支払われるのが入通院慰謝料です。 そして、事故のケガが完治せずに後遺障害が残ると、その障害の重さに応じた後遺障害慰謝料が発生します。 また不幸なことに、交通事故が原因で被害者が死亡した場合には、死亡慰謝料が遺族に支払われます。では、この3つの慰謝料についてもう少し詳しく解説していきましょう。

入通院慰謝料

入院や通院をすると、治療の大変さはもちろんですが、仕事や家庭への影響もあり精神的な負担は必ず発生します。 そこで入通院慰謝料に関しては、その期間(日数)が長くなるほど精神的負担は大きくなるという観点から、入通院期間や通院日数を指標として金額を計算することになっています。つまり、治療期間が長くなればその分、入通院慰謝料の金額も大きくなるということです。 しかし、慰謝料を少しでも多く受け取る為に、自己判断で長く通院するのは危険です。医師の指示に関係なく不必要に通院を繰り返した、と認められると、その期間は入通院慰謝料の算定対象にならないことはもちろん、その治療費についても自己負担となってしまいます。

後遺障害慰謝料

事故のキズが完治した場合には後遺障害慰謝料は支払いの対象外となります。しかし、キズが完治せず症状が残ると、その後遺症の重さに応じて後遺障害等級が認定され、後遺障害慰謝料が発生します。 症状が残っているにもかかわらず、治療の打ち切りを打診されたり、主治医から「症状固定です」と診断されたら残存症状について後遺障害診断書を作成してもらいましょう。 後遺障害診断書をもとに自賠責保険の保険会社または自賠責調査事務所へ後遺障害の認定申請をし、1~14級の後遺障害等級に該当するのか確認します。審査の結果、いずれかの等級に該当すればその等級に応じた慰謝料を請求することが可能になります。

死亡慰謝料

死亡慰謝料は被害者が亡くなった時に発生する慰謝料ですが、この慰謝料には死亡した被害者本人に対する慰謝料と、その遺族に対する慰謝料の二つが含まれます。当然、死亡した被害者が自分の死亡慰謝料を請求することはできませんので、本人分の慰謝料請求は相続人が代わりに行うことになります。 死亡慰謝料の金額については、死亡した被害者の家庭内の役割(一家の大黒柱、母親など)や扶養家族の有無によって定額で設定されており、生前の収入額や職業といった属性は死亡慰謝料の算定には考慮されません。具体的な金額については下記リンク内容をご参照ください。

交通事故の死亡慰謝料について

増額しなければ成功報酬はいただきません

0120-589-887
24時間予約受付・年中無休・通話無料

※諸経費20,000円( 税込22,000円 )がかかります。 ※死亡・後遺障害等級認定済みまたは認定が見込まれる場合 ※事案によっては対応できないこともあります。 ※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。 ※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

慰謝料の相場

ケガの程度によってどのくらいの慰謝料になるのか少し例をもとに金額を見てみましょう。実際にはケースによって金額の増減が発生しますので、あくまで参考の金額になります。慰謝料相場の詳しい内容については下記リンクの記事をご参照ください。

交通事故慰謝料の相場について

【例】通院1ヶ月・通院日数15日で完治した場合の慰謝料相場
自賠責基準 弁護士基準
12万9000円 19万円
【例】通院6ヶ月・通院日数100日で後遺障害14級9号の後遺障害が残った場合
自賠責基準 弁護士基準
109万4000円 199万円
【例】入院1ヶ月・通院5ヶ月・通院日数80日で後遺障害14級9号の後遺障害が残った場合
自賠責基準 弁護士基準
109万4000円 215万円

慰謝料の計算方法

各慰謝料によって計算方法は異なります。最も多くの人が関係する入通院慰謝料では計算式(自賠責基準)もしくは、入院期間と通院期間の二軸による算定表(弁護士基準)を使って計算されます。また、後遺障害慰謝料は認定された等級ごとに金額が決まっています。 死亡慰謝料は、死亡した被害者の家庭での立場(扶養家族がいるのか等)によって金額が決まります。

詳しい交通事故の慰謝料計算方法

慰謝料算定に必要な3基準

慰謝料を計算するには算定基準というものを使いますが、この基準には3種類あり、それぞれ計算結果が異なります。まず、最低限の補償を趣旨とする自賠責基準が最も低額になります。 そして、次に各保険会社がそれぞれで設定している任意保険基準、そして3つの中で最も高い慰謝料額になるのが弁護士基準です。弁護士基準は裁判にも使われるので一番適正と言える基準ですが、保険会社は最も低い自賠責基準、もしくはそれより少し高い任意保険基準で見積もりを出してくるのが殆どです。

増額しなければ成功報酬はいただきません

0120-589-887
24時間予約受付・年中無休・通話無料

※諸経費20,000円( 税込22,000円 )がかかります。 ※死亡・後遺障害等級認定済みまたは認定が見込まれる場合 ※事案によっては対応できないこともあります。 ※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。 ※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

交通事故慰謝料の請求方法

  • ①事故発生
  • ②入通院(治療)→入通院慰謝料額が確定
  • ③完治しなかった場合は後遺障害認定申請(完治した場合は不要)→後遺障害慰謝料額が確定
  • ④認定申請の結果が出たら示談交渉(慰謝料請求)
  • ⑤示談金受け取り

慰謝料請求までの大きな流れは上記の通りです。 交通事故の慰謝料は相手方保険会社との示談交渉の際に、損賠償項目の一つとして請求することが一般的です。ただし、示談交渉前に一部先に請求したいといった事情がある場合には、専門家に相談してみましょう。

慰謝料と併せて請求できるもの

保険会社に請求できるのは慰謝料だけではありません。入通院によって仕事を休んだなどがあれば休業損害を併せて請求することができます。また、交通事故に遭っていなければ本来受け取れたはずの将来にわたる収入(逸失利益)についても請求できます。 その他、治療費や通院交通費といったものもあります。実際に請求できるかは個別事案ごとの判断になりますので、専門家に確認しましょう。

主婦や子供でも同じように請求できる?

慰謝料は事故によって受けた精神的苦痛に対する賠償ですので、主婦だから、子供だからといった立場は影響しません。ただし、慰謝料に立場は影響しませんが、休業損害の場合は収入をベースとして計算する為、会社員とは少し事情が変わってきます。 家事も労働として金銭に換算できますが、保険会社は専業主婦の休業損害を低く提示してくることが多々あります。 また、子供には収入が無い為、休業損害は原則認められません。ただし、アルバイトをしていたといった事情があれば請求可能です。

慰謝料請求の時効

慰謝料を含む損害賠償請求は民法改正により、現在の時効は5年とされています。時効は加害者が判明したとき又は損害が確定したときからスタートします。 ケガの治療費などの時効は事故発生翌日から5年ですが、後遺障害が残った場合の後遺障害慰謝料の時効は、後遺障害が確定となる症状固定の翌日から5年となり、スタート時点が異なります。死亡事故の場合は、死亡の翌日から5年で時効です。 また、加害者が判明しない場合は事故発生日翌日から20年経過すると時効をむかえることになります。

適正な慰謝料を請求するために気を付けること

慰謝料の適正額を受け取るには、示談交渉に至るまでの経過が重要です。 つまり、注意すべき点は実は事故直後から多々あるのです。個人である被害者が、示談交渉に向けて先々を考えた行動をとることはなかなかありませんが、保険会社は交通事故のプロですので、事故直後から既に駆け引きをスタートさせているのです。 では、ステージごとの注意点を確認してみましょう。

事故発生時の注意点

まず慰謝料を請求するには、ケガ人が発生している「人身事故」として届け出る必要があります。事故の当時者間では気遣いからか、物損事故で終わらせようとする例があります。 しかしこれはケガに関する請求ができない場合もあり、かえって争いが生じてしまう場合があります。基本的には人身事故として警察に届け出し、実況見分調書を作成してもらいましょう。 また、事故直後には痛みが無くても後から症状が出ることもありますので、事故直後は病院へ必ず行き、検査してもらいましょう。初診日が事故日から離れていると、事故と症状についての因果関係が争いになることもあります。 なお、物損事故として届けた場合でも、「人身事故証明書入手不能証明書」を提出することで、慰謝料を請求できますが、被害者に不利に働く場合があるのでおすすめしません。

通院・治療中の注意点

治療中、仕事や家族の事情で通院頻度を自己判断で減らす事例が多々あります。痛みを我慢しているだけであっても、通院頻度が少ないとケガが軽症、もしくはもう治っているなどと判断されます。そうなると保険会社は早期の治療打ち切りを打診してきます。 通院期間が短いと、入通院慰謝料が低額になるだけでなく、後遺障害が残った場合の認定申請の審査にも影響します。そうなると二つの慰謝料項目が適正額で受け取れず、損害賠償額が大きく減額してしまいます。 必ず、医師の指示に従った通院頻度を保ちましょう。また、診察時には自覚症状を都度伝え、カルテに残してもらうようにしましょう。

後遺障害等級認定での注意点

後遺障害の認定申請のタイミングは症状固定と診断されてからです。保険会社から「症状固定です」と言われることもありますが、症状固定の診断は医師が判断するものですので、必ず担当医からの診断を得るようにしましょう。 症状固定と診断されたら、後遺障害診断書を作成してもらいます。この診断書の内容は等級認定の審査に大きく影響します。医師から受け取ったら自覚症状等がしっかり記載されているかご自身でも再確認しましょう。

示談交渉での注意点

示談交渉で内容が確定すると、保険会社から示談書が送られてきます。もうすでに話し合った内容だから、と内容を見ずにサインするのは危険です。協議内容がちゃんと反映された示談書になっているのか最終確認しましょう。単純に保険会社が誤った内容で作成することもありますし、協議内容自体にお互いの認識違いがある可能性もあります。 示談書にサインをして保険会社に返送すると、書面内容で合意したという法的拘束力が発生します。示談書は隅から隅まで確認してからサインしましょう。

慰謝料に納得いかない時の対処法はある?

慰謝料の金額が低いと感じたらどうでしょうか。もちろん増額を主張することになりますが、その主張には根拠が必要です。計算の根拠になっている前提条件を見直すことで慰謝料額を改善できることがありますので、まずは次のポイントを確認してみましょう。

後遺障害等級の異議申立て

後遺障害慰謝料は等級によって金額が大きく変わる為、適切な等級に認定されているか確認が必要です。保険会社が正しい等級で計算しているのかをまずは確認しましょう。 また、認定申請の結果がそもそも適正な等級ではなく、本来の状態よりも低く認定されている可能性もあります。この場合は異議申し立てをすることにより、再度等級認定の申請をすることが可能です。 ただし、異議申し立てに回数制限はありませんが、前回の認定内容を覆す根拠資料が必要になりますので、新たな診断書や意見書などの準備が必要です。異議申立ての詳しい手順等については下記リンク先でご確認ください。

後遺障害等級の異議申立てについて

過失割合の見直し

過失割合は聞きなれない言葉ですが、事故発生にどのくらい責任があるかを数値化したものになります。保険会社から提示された過失割合がどの程度が妥当なのかは、なかなか判断しにくいのではないでしょうか。 しかし、過失割合は損害賠償の総額からその割合分が控除されてしまうので、影響力がとても大きいものになります。保険会社の提示を鵜呑みにするのではなく、一度過失割合を見直してみましょう。この場合、専門家に確認するのが非常に有効な手段です。過失割合が修正されれば、受け取れる慰謝料額も大きく変わる可能性があります。

慰謝料額の見直し・弁護士基準での算定

前述にて慰謝料の計算には3つの基準があることをご紹介しました。適正な慰謝料額を計算するには弁護士基準を使うことが大切です。 しかし、保険会社の提示で弁護士基準を使われていることはまずありません。では弁護士基準で計算しなおして、保険会社へ請求すればその金額が通るでしょうか。弁護士基準は裁判に用いられるものですので、個人からの主張の場合、保険会社は交渉段階では認められません、と拒否してくるケースが殆どです。 しかし、弁護士であれば訴訟を前提とした交渉となるので、最初から弁護士基準で金額を提示できます。つまり、交渉段階で弁護士基準を使うには弁護士に依頼するのが一番近道なのです。

増額しなければ成功報酬はいただきません

0120-589-887
24時間予約受付・年中無休・通話無料

※諸経費20,000円( 税込22,000円 )がかかります。 ※死亡・後遺障害等級認定済みまたは認定が見込まれる場合 ※事案によっては対応できないこともあります。 ※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。 ※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

弁護士への依頼で慰謝料の増額に繋がり、スピード解決した事例

本解決事例では、依頼者が6か月の通院の結果、後遺障害等級14級に認定されています。後遺障害に関する賠償についてはあまりに低い額が提示された為、弁護士が代理人として交渉することになりました。 対応にあたった弁護士は提示額が裁判基準を大きく下回っていることから、最高水準である弁護士基準で再計算した賠償額を主張しました。結果、事前の提示額を大きく上回り、約100万円増額で示談締結となりました。 更に、本事例では依頼者が経済的に困っていたことから賠償金の入金についても迅速な対応を保険会社へ要求し、通常の倍のスピードである1週間で入金されています。適正な賠償額を確定させ、被害者の状況に寄り添った対応を可能にしたのは、ひとえに弁護士の丁寧なヒアリングと事件への真摯な対応の結果と言えます。

慰謝料の支払いについて

慰謝料は示談締結後に、損害賠償額としてまとめて支払われることが一般的です。では、実際に被害者にその金額が振り込まれるまでどの程度かかるのかはとても気になるところです。併せて前払いについても解説していきましょう。

慰謝料の振込時期はいつ?

慰謝料を含む損害賠償金については、示談が成立し、示談書が取り交わされてから被害者へ入金されます。入金までの流れとしては、まず保険会社からの示談書に署名押印して返送をします。保険会社が示談書を受け取り、内容を確認したら入金手続きが開始されます。目安としては示談成立からおよそ2週間で被害者の口座に振り込まれることになります。

前払い・途中支払いは受けられるのか

被害者の経済状況によっては前払い等が必要な場合があります。慰謝料については通院期間の長さや等級の重さなどを基準としている性質上、それらが確定していない段階での前払いには保険会社はなかなか応じてくれません。 しかし、損害賠償の別項目である休業損害は、資料が整っていれば前払い・内払いに応じてくれる可能性は比較的高くなっています。

交通事故の慰謝料は、弁護士に依頼するだけで増額の可能性があります。まずはご相談ください

交通事故の損害は治療費や車の修理代だけではありません。事故によって日常生活を損なった精神的負担も立派な損害なのです。精神的負担は慰謝料として賠償されることになりますが、その計算はとても複雑です。さらに保険会社との交渉も根拠の説明など難しく、かなりの労力を必要としてしまいます。 弁護士が代理人となれば、難しい保険会社との交渉も、複雑な慰謝料計算もすべて任せることができます。保険会社から提示された慰謝料額が妥当であるのかもしっかり専門家の目で判断することができます。あなたの慰謝料を適正に受け取るために、まずはお気軽にご相談ください。

増額しなければ成功報酬はいただきません

0120-589-887
24時間予約受付・年中無休・通話無料

※諸経費20,000円( 税込22,000円 )がかかります。 ※死亡・後遺障害等級認定済みまたは認定が見込まれる場合 ※事案によっては対応できないこともあります。 ※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。 ※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

弁護士法人ALG 執行役員 弁護士 谷川 聖治
監修 : 谷川 聖治 弁護士法人ALG&Associates執行役員

保有資格 弁護士(愛知県弁護士会所属・登録番号:41560)

愛知県弁護士会所属。私たちは、弁護士名、スタッフ名(司法書士1名を含む)を擁し()、東京、宇都宮、埼玉、千葉、横浜、名古屋、神戸、姫路、大阪、福岡の10拠点を構え、全国のお客様のリーガルニーズに迅速に応対することを可能としております。