相続に関してのお悩みは 弁護士へご相談ください

  • 遺産を遺したい
  • 相続したい
  • 相続放棄したい
相続に関してのお悩みは弁護士へご相談ください

相続に関するご相談

来所法律相談30分無料

0120-523-019

タップで電話をかける

通話料無料・年中無休・24時間予約受付
メール相談受付

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。 ※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

相続弁護士サポート

シニアアソシエイト 弁護士 志賀 勇雄

相続問題は弁護士へお任せください

相続問題は家族間で解決すべき、または、解決できると思われていませんか?

「ウチに限って、相続をめぐって問題になることはないだろう」 「家族・親族間は仲がいいし、ゆずり合いながら穏やかに遺産を分け合えるだろう」 「弁護士が間に入るまでもない問題だ」

当初こうした考えでいても、後々トラブルに発展してしまうことも少なくありません。 “死人に口なし”という言葉もあるように、亡くなった方の想いがねじ曲げられてしまったり、相続人間でいがみ合ったりしてしまうことは、果たして亡くなった方が本当に望まれるでしょうか?

遺産を遺したい方、受け取りたい方、受け取りたくない方、それぞれに抱えるお悩みは異なります。 弁護士は、こうした状況別のお悩みに最適な対応を、“法的な観点から”行うことができます。 相続問題でお困りでしたら、ぜひ弁護士にお任せください。

相続問題で弁護士ができること

遺産を遺したい

  • ○ 相続財産調査・財産目録作成
  • ○ 遺言の作成サポート
  • ○ 遺言書の保管
  • ○ 遺言執行者への就任

など

詳しく見る

遺産を受け取りたい

  • ○ 遺言の検認
  • ○ 相続財産調査
  • ○ 相続人調査
  • ○ 遺産分割協議
  • ○ 遺言執行者への就任
  • ○ 遺留分
  • ○ 寄与分
  • ○ 成年後見制度

など

詳しく見る

遺産を受け取りたくない

  • ○ 相続財産調査
  • ○ 相続放棄

など

詳しく見る

相続問題を弁護士に相談するメリット

「相続問題チーム」の設置

「相続問題チーム」の設置

もし、ご遺族の間で相続問題が発生してしまったら……

ご安心ください。 法律の専門家である弁護士が、ご依頼者さまの代理人として交渉し、調停や訴訟を遂行します。 私たち弁護士は、法令により、相続問題を取り扱う家庭裁判所や地方裁判所での手続きにおいて、ご依頼者さまの代理人として交渉・調停・訴訟活動を行い、ご依頼者さまの利益を守ることができる数少ない職業です。

さらに弁護士法人ALGでは、相続問題に特化した「相続問題チーム」を設置しています。 離婚や交通事故、債務整理といった他分野の案件を抱える弁護士とは異なり、相続問題に注力して取り組むことができますので、相続関連の経験やノウハウの蓄積が多く、より専門性が強化されているのが特徴です。

相続問題に詳しい経験豊富な弁護士を筆頭に、事務・受付職員がチーム一丸となり、ご依頼者さまの相続問題を解決します。

避けられる相続問題を未然に防ぐ

避けられる相続問題を未然に防ぐ

法律の専門家である弁護士は、相続問題を熟知しているからこそ、「紛争が生じない遺言書」に関するアドバイスができます。

遺言書を有効に作成するだけなら、他の専門職(税理士、司法書士、行政書士)もアドバイスできるでしょう。 しかし、そのアドバイスは、「特別受益」、「遺留分」、「持ち戻し免除の意思表示」、「寄与分」など、テクニカルな法理論を踏まえていますか?

私たち経験を積み重ねてきた弁護士は、裁判所において争点となる相続問題の原因を熟知しており、ここから遡って、「紛争が生じない遺言書」のアドバイスが可能です。 弁護士法人ALGでは、遺産を適法に受け継がせたいご依頼者さまの要望を叶え、円満な相続の実現をサポートいたします。

交渉業務もお任せください

交渉業務もお任せください

私たち弁護士は、裁判所で調停や訴訟の手続きを行うだけではありません。 ご依頼者さまの代理人として、相手方との交渉をすべて担います。

「相手方と直接話をすると感情的になってしまう」 「言いたいことがうまく言えない」

このような悩みも、私たち弁護士にお任せください。 弁護士法人ALGでは、これまでに培った交渉術を駆使し、相続問題の解決に向けて尽力いたします。

埼玉法律事務所長 弁護士 辻 正裕

「争族」を避けるため弁護士がご依頼者様のため尽力いたします。まずはご相談ください

相続に関するご相談

来所法律相談30分無料

0120-523-019

タップで電話をかける

通話料無料・年中無休・24時間予約受付
メール相談受付

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。 ※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

相続財産を遺したい方

相続問題は、被相続人がお亡くなりになる前から始まります

定の方のみに財産を贈与していませんか?

相続人間で争いが生じたり、遺留分侵害額請求により希望どおりに贈与できなかったりするおそれがあります。

社を経営されていますか?

会社を相続するための手続きや税金対策を検討する必要があります。

されるご家族は財産の在り処をご存じですか?

相続財産がマイナスなのか、プラスなのか、どんな種類があるのかといった把握をしなければなりません。

婚や養子縁組のご経験はありますか?

遺産分割の対象となる人の特定が複雑になるおそれがあります。

こうしたトラブル・懸念事項を回避するためにも、遺された相続人のためにも、適切な遺言書を作っておくことは非常に重要です。 私たち弁護士は、遺されたご家族同士が遺産をめぐって争うことがないよう、現在の財産の状況を適正に把握し、適法な遺言書の作成レクチャーから後継者への円滑な事業承継まで、法律の専門家だからこそ可能なリーガルサービスをご提供いたします。 まずは、ご自身の相続について、法律の専門家である弁護士にご相談ください。

遺されたご家族が揉めないために

  • 法的に有効な書式で遺言書を作成しましょう
  • 財産調査を行い、財産目録を作成しておきましょう
  • 「遺留分」に配慮して財産は分配しましょう
  • 遺言執行者を専任しましょう
  • 遺言書は公正証書で作成しましょう

残される家族のために、相続問題は弁護士へご相談ください

相続に関するご相談

来所法律相談30分無料

0120-523-019

タップで電話をかける

通話料無料・年中無休・24時間予約受付
メール相談受付

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。 ※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

相続財産を遺された方

身内に不幸があった場合、ご遺族の人間関係は遺産をめぐって感情的になり、いつのまにか、相続が"争族"となってしまう危険があります。相続問題にかかる心労はいつの時代もはかりしれません。

  • ・兄弟姉妹間において遺産分割協議で揉めており、絶縁の危機に陥っている
  • ・不動産を相続することになったが、お金に変換したい
  • ・隠し子が判明するなど、相続人調査がスムーズに進まない
  • ・相続税の手続きの仕方がさっぱりわからない

例えば、上記のようなお悩みはありませんか? 相続財産を遺されお困りの方は、法律の専門家である弁護士にご相談ください。 相続問題に詳しい弁護士は、ご依頼者さまに適切なリーガルサービスをご提供いたします。

相続発生後の流れ

相続発生後の流れ 相続発生後の流れ 遺言書あり 相続発生後の流れ 遺言書なし

相続手続きで起こりうるトラブル

  • 相続人の一人が遺言執行者となっており信用できない
  • あとから新たな相続人・財産が発覚し遺産分割協議がやり直しに
  • 協議・調停がまとまらず話し合いが進まない
  • 他の相続人よりも被相続人に貢献しているので寄与分を主張したい・された
  • 自身が貰えるはずの遺産分割割合を侵害している・された

など

弁護士法人ALGが、相続にまつわる手続きをワンストップでご提供いたします

相続にまつわる手続きには、意外とたくさんのものがあるのをご存知でしょうか? それらは基本的に期限付きなうえ、適切に申請しなければなりませんので、思いのほか手間や負担が大きいです。

たとえば、遺言書やエンディングノートの作成は『行政書士』に、保険・年金といった届出関係は『社会保険労務士』に、相続登記なら『司法書士』にといった具合に、さまざまな手続きを多方面に依頼すると、混乱してしまったり、コストもかかってしまったりするでしょう。

弁護士法人ALGは、積み重ねてきた実績から、ひとりひとりに適切な手続きを見極めて一括して請け負います。また、税理士法人ALGや在籍している司法書士とも連携しながら、相続関係の手続きをワンストップで承りますので、ぜひお任せください。

弁護士・司法書士・税理士の連携したサービス
姫路法律事務所長 弁護士 西谷 剛

相続の場面では、個人での調査が難しい場合や当事者間での交渉が難航するケースが多々あります。まずは弁護士へご相談ください

相続に関するご相談

来所法律相談30分無料

0120-523-019

タップで電話をかける

通話料無料・年中無休・24時間予約受付
メール相談受付

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。 ※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

財産を相続したくない方

  • 相続すると本当にマイナスか調べたい
  • 被相続人の借金を相続したくない
  • 債権者の対応を任せたい
  • 相続争いに関わりたくない

借金などマイナスの財産があったり、相続争いに関わりたくなかったりする場合は、相続財産を放棄することも可能です。 ただし、期限内に手続きを済ませる必要があるなど、“迅速性”が求められます。 相続放棄申請書の提出や、住民票・戸籍謄本などの徴求、相続人調査といった多くの手続きがあったり、付随する手数料がかかったりするなど、初めて経験する方にとっては、煩雑で負担極まりないでしょう。 また、一度放棄してしまうと撤回できませんので、きちんと調査したうえで適切に、かつ慎重に判断しなくてはなりません。

弁護士法人ALGにご相談いただければ、法律の専門家である弁護士が対応させていただくのはもちろん、豊富な経験により、申請期限を過ぎてしまったり、安易に相続放棄して後悔してしまったりする事態に対するリスクヘッジを図ることができます。 取り返しのつかない事態を防ぎつつ、スピーディーに相続放棄の手続きを進めていきます。 また、債権者の対応含め、煩雑な手続きも弁護士に任せることができますので、相続放棄をする場合も、弁護士に依頼することをおすすめします。

弁護士ならすべての手続きをお任せいただけます 委任後ご依頼者様でおこなう手続き

司法書士

  • ○ 委任契約・委任状作成
  • ○ 相続放棄申述書への署名
  • ○ 申述書を家庭裁判所に提出
  • ○ 照会書の受け取り
  • ○ 司法書士が作成した回答見本を元に直筆で回答する
  • ○ 照会書を家庭裁判所に返送
  • ○ 受領通知の受け取り

弁護士

  • ○ 委任契約・委任状作成

その他すべて手続き弁護士がおこないます

※家庭裁判所から照会書が届く場合があります。照会書が届いた場合には、弁護士と相談の上、ご自身で記載いただく必要があります。

福岡法律事務所長 弁護士 今西 眞

弁護士ならすべての相続放棄手続きをお任せいただけるほか、財産調査や債権者対応など様々なことを行えます。まずは弁護士へご相談ください

相続に関するご相談

来所法律相談30分無料

0120-523-019

タップで電話をかける

通話料無料・年中無休・24時間予約受付
メール相談受付

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。 ※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

弁護士法人ALGが選ばれる理由

  • 弁護士と税理士の連携
  • 相続問題に強い、経験豊富な「相続チーム」の存在
  • 拠点、名の弁護士が迅速に対応します

相続問題にお困りの方へ

相続問題は、遺産を遺したい方が亡くなる前から始まっています。 いざ、遺産について話し合いを進めようとすると、隠し子が判明したり、穏やかだった兄弟姉妹の性格が一変してしまったりと、予想だにしない問題が次々と表出してくることも少なくありません。今まで仲睦まじく過ごしてきた親族間でも争いに発展してしまいかねないのが、相続問題です。

穏便に解決するには、第三者であり、相続問題の経験が豊富な弁護士に相談するのが最善の策といえるでしょう。 弁護士を介すことで、感情的になりがちな話し合いを冷静に進められるだけでなく、煩雑な相続人調査を任せることができたり、必要書類や届出について期限管理を行いながら抜け漏れなく対応してもらえたりするなどのメリットがあります。 「弁護士が間に入った」ということが、きっと「安心感」につながるはずです。

相続問題にお困りの方も、相続問題を未然に防ぎたい方も、まずは弁護士法人ALGにご相談ください。

「争族」とならないために弁護士がお力になりますまずは弁護士へご相談ください

相続問題に関する弁護士費用はこちら

相続に関するご相談

来所法律相談30分無料

0120-523-019

タップで電話をかける

通話料無料・年中無休・24時間予約受付
メール相談受付

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。 ※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

  • 0120-589-887
  • 0120-090-620
  • 0120-117-631
  • 0120-544-064
  • 0120-528-004
  • 0120-523-019

各種メディア関連の出演・執筆のご依頼はこちらから 03-4577-0705

Mail
CLOSE