相続問題


Inheritance Ploblem

相続問題に関する法律相談

ご遺族同士で争わないためにも、まずは弁護士にご相談を


相続問題は、被相続人がお亡くなりになる前から始まります。
特定の方のみに財産を贈与していませんか?会社を経営されていますか?遺されるご家族は財産の在り処を知っていらっしゃいますか?また、再婚や養子縁組のご経験はありますか?
私たち弁護士は、信託銀行のように財産を増やすことも、税理士のように節税対策もしません。

続きを読む

しかし、現在の財産の状況を適正に把握し、遺されたご家族同士が遺産を巡って争うことがないよう、適法な遺言書の作成指南から後継者への円滑な事業承継まで、法律の専門家だからこそ可能なリーガルサービスを提供します。

まずは、ご自身の相続について、法律の専門家にご相談ください。

また、身内に不孝があった場合、ご遺族の人間関係は遺産をめぐって感情的になり、いつのまにか、相続が"争族"となってしまう危険があります。
相続問題にかかる心労はいつの時代もはかりしれません。

そのためにも法律の専門家である弁護士にご相談ください。
相続問題に詳しい弁護士は、お客様に適切なリーガルサービスをご提案いたします。

「相続問題チーム」の設置

もし、ご遺族の間で相続問題が発生してもご安心ください。法律の専門家である弁護士が、お客様の代理人として交渉し、調停や訴訟を遂行します。

私たち弁護士は、法令により、相続問題を取り扱う家庭裁判所や地方裁判所での手続きにおいて、お客様の代理人として訴訟活動を行い、お客様の利益を守ることが許された唯一の職業です。

続きを読む

お客様が不動産の登記手続きを依頼したことがある司法書士などは、相続問題についてアドバイスはできても、代理人として訴訟活動を行うことはできないため、複雑な手続きを要する調停や訴訟に対応することはできません。

弁護士法人ALGでは、相続問題に詳しい経験豊富な弁護士がチームとなり、お客様の相続問題を解決します。

避けられる相続問題を未然に防ぐ

法律の専門家である弁護士は、相続問題を熟知しているからこそ、「紛争が生じない遺言書」の作成を指南することができます。

遺言書を有効に作成するだけなら、他の専門職(税理士、司法書士、行政書士)もアドバイスできます。
しかし、そのアドバイスは、「特別受益」、「遺留分」、「持ち戻し免除の意思表示」、「寄与分」など、テクニカルな法理論を踏まえていますか。

続きを読む

私たち経験ある弁護士は、裁判所において争点となる相続問題の原因を熟知しており、ここから遡って、「紛争が生じない遺言書」のアドバイスが可能です。
弁護士法人ALGでは、遺産を適法に受け継がせたいお客様の要望を叶え、円満な相続の実現をサポートいたします。

交渉業務もお任せください

私たち弁護士は、裁判所で調停や訴訟の手続きを行うだけではありません。
お客様の代理人として、相手方との交渉を全て担います。

相手方と直接、話をすると感情的になってしまう、言いたいことがうまく言えない。お客様のこのような悩みも、私たち弁護士にお任せ下さい。
弁護士法人ALGでは、これまでに培った交渉術を駆使し、必ずや相続問題を解決に導きます。

各種取扱い分野

相続問題弁護士ブログ

いいね!を押したい弁護士ブログ

MORE
Now Loading...
  • 0120-572-238
  • 0120-336-709
  • 0120-117-631
  • 0120-979-039
  • 0120-773-405
  • 0120-522-017

各種メディア関連の出演・執筆のご依頼はこちらから 03-4577-0705

Mail
CLOSE
Menu